切迫早産ブログ 入院中のストレスがグンと減る!私が救われた神アイテム6選【生活用品編】

妊娠・出産
この記事は約12分で読めます。

「切迫早産の入院になったけれど、必要なものがイマイチ分からない!」と思い、この記事を見つけてくれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も急遽入院となったものの準備ができておらず、「あれがあったら良かった!」と後から思いつくことがたくさんありました。そこで、切迫早産の入院であって良かったと思うモノ、あったら良かったな~と思うモノをご紹介します!入院生活には不安や我慢がつきものですが、少しでも快適に楽しく入院期間を過ごせるよう応援しています!

 

この記事はこんな方に向けて書いています

  • 切迫早産で入院になった
  • 入院生活に必要な物が知りたい
  • 本当に役に立ったものを知りたい

 

本当に役に立った神アイテム6つ【生活用品編】

 

切迫早産での入院が決まり、病院から持ち物リストをもらいました。リストに記載されていたものは下記のとおりです。

・母子手帳
・健康保険証
・印鑑
・下着
・洗面セット

でも実際に入院してみると…

 

sayappie
sayappie

これじゃあ全然たりないよ~!

 

上記以外でも最終的に必要になったものはたくさんあるのですが、後ほどまとめてリスト化させていただきますね。

その中でも特に役立った6つのアイテムについてまずはご紹介したいと思います!

 

1.ドライ(水の要らない)シャンプー

 

【おすすめポイント】
水の要らないシャンプー、ドライシャンプーです。
私が長期の入院生活であって良かったと思うもの断トツ1位です!入院中は入浴が制限されていて、私の場合は週1回程度でした。

お腹の張りが強い時には延期になりますし、とにかく「シャワー浴びたい!」という気持ちが日に日に強くなります。寝たきりの状態でも、ウテメリンの副作用で汗もかくし、頭皮もベトベトして匂いが気になる状態。シャワーできない日でも、ドライシャンプーをシュっと吹きかけるだけで爽快感が広がりリフレッシュできます。ふんわり香る匂もいい!入院中だけでなく、実は今でも愛用中です♪

子どもや自分の体調不良でどうしてもお風呂に入れない日や、防災グッズとしても重宝しますので今後の生活のためにも1本持っておいて損はないですよ!

 

洗髪できず外出しないといけない時、助かってます。頭皮のにおいが気になりません。…かと言って、スプレーの香り強いわけでもなく、色々試した中でコレが1番良かったです。(Amazonレビューより一部抜粋)

眼の手術をして1週間シャンプーができませんでした。

必要に迫られて購入はしたものの、水を使わないなんて…と然程の期待はしていませんでした。が、夏場汗をかく時期にこちらの商品を使ったら3日目でも頭頂がふんわりしていました。香りもきつ過ぎず、後残りもそんなに気になりません。おすすめできる商品です。

(Amazonレビューより一部抜粋)

他のドライシャンプーだとバサバサになり過ぎる、乾燥した感じになるという方にお薦めかもです。成分表を見ると沢山の保湿成分が入っていて、優しい仕上がりです。香りが悪目立ちしないので男子にも良いと思います。高校生の息子に貸したら気に入ったようで汗をかいた後に使ってますよ。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

 

 

2.汗ふきシート

 

【おすすめポイント】
運動した後や真夏の出勤時など、汗ふきシートは長年愛用してきましたが入院中にも大変お世話になりました!切迫早産の入院中は、1週間近くシャワーが浴びられないこともあります。身体がベタベタして気持ち悪かったり、自分の匂いが気になったり…そんな時でも汗ふきシートで身体を拭くとサッパリしました。

汗ふきシートにも色々種類がありますが、個人的には上記のさらさらパウダーシートがお気に入りでした!拭いた後のサラサラ感が長続きして、快適に過ごすことができます。他にもヒンヤリ感や香りが持続するものなど好みに合わせてチョイスできるのも嬉しいですね!

 

サラサラして気持ちいいです。夏場は手放せないです。

(Amazonレビューより一部抜粋)

夏はこのさらさらシートのおかげで、一日に何度もシャワーを浴びなくて済んでます。夜はシャワーを浴びてもすぐに汗でベトベトするけど、このシートで拭いておけばさらさらで夜も寝やすいです。

(Amazonレビューより一部抜粋)

 

3.耳栓

 

【おすすめポイント】
耳栓もあると便利な必需品。大部屋や相部屋の場合には、話し声や物音が気になってしまうことも。廊下の足音、看護師さんと他の患者さんとの会話も意外と気になります。少し集中して眠りたい、物音をシャットアウトしたいという時にオススメです。耳栓をしていると、点滴が外れたときのアラームが聞こえないのでは?と心配していましたが、耳栓していてもしっかり聞こえました(そのくらい音量大きめです。泣)

私は相部屋の方がお見舞いにきた人たちと話す声や、看護師さんと話す声が気になってしまうことがあったので便利でした。

 

旦那のいびきがうるさくて寝るとき装着用に購入しました。

以前は100均で買った耳栓を使用していたのですが普通にいびきが聞こえてきててイライラでした。しかし今回こちらの商品を装着していたところいびきがほとんど聞こえず朝まで快適に眠れました。

これからも必需品になりそうです。(楽天レビューより一部抜粋)

旅行中のお供に購入しました。市販の耳栓の中ではかなり遮音性が高いと思います。飛行機の中やホテルでもグッスリと眠ることができました。ケースも入っていて持ち運びに便利です。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

4.ホットアイマスク

 

【おすすめポイント】
実はコレ、入院時になかったものです。最近仕事でずっとPCとにらめっこしていて、眼精疲労が気になり購入。そういえば切迫早産で入院していた時、ケータイや本を一日中読んでいて目がとても疲れていました。あの時にこれが手元にあったら、リラックスできただろうな~と思いご紹介させていただきました!

ジワーっと目の周りが温かくなるリラックス感は一度使ったらやみつきです。ほのかに香るアロマもGOOD!温度調整やタイマーもついているので、うっかりそのまま眠ってしまっても大丈夫。疲れ目にはもちろん、昼間ちょっとお昼寝したい……という時に光を遮ってくれるのも嬉しいですね。見た目も可愛いので気分も上がります♪

 

まず可愛く肌触りも良好、簡単に取り外して洗ってもモコモコのまま。タイマーは最長1時間でコスパ良く、なんとバンドは長さ調節可能!(使い捨てはできないので笑…しかも私は頭が小さくキツめが好みですがそれも叶うので、遮光性も偽りなく普通にアイマスクとしても優秀)そして液晶は光るので暗くても便利!(Amazonレビューより一部抜粋)

今のところ、100パーセント付けてすぐ寝落ちしてますので使用感としては◎だと思います。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

5.ファブリックミスト

 

【おすすめポイント】
ファブリックミストも入院中、大活躍してくれました!週に1度、シーツや枕カバーを取り替えてもらえましたが……1週間入浴していない身体で24時間ベッドに横になっているので、やはり匂いが気になりました。

シーツ替えの日がくるまで少しでもベッドを快適にしたい!そこで役に立ったのがファブリックミスト。シーツや掛布団が良い香りになるのはもちろん、消臭効果で清潔感も保てるような気がしました。ベッドだけではなく、スリッパや抱き枕、タオルなどにもシュッとひと吹きすることでリフレッシュできますよ!

 

リピート商品です!

香りが好きで容量も値段の割に少なくないのでコスパが良くて気に入ってます!見た目の大人っぽさも好きです!自分は、制服やアウター、カーテンやベッドまわりなどに使用してます。香り持ちはそこそこですが、睡眠時にほのかに香りを感じられるので快適に眠りやすいです!(Amazonレビューより一部抜粋)

 

洗えないものでもこのファブリックミストをかけておけば除菌されますし、とても良い香りにしてくれます。普段頻繁に洗えないベッドカバーやクッション等、色々なものに使用しています。オススメです。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

 

6.抱き枕(授乳クッション)

 

【おすすめポイント】
元々、出産後に授乳クッションの購入を検討していましたが、先輩ママから「妊娠中も使えるから早めに買っておいたほうがいいよ!」とアドバイスが。さすが経験者!早めに購入した授乳クッション兼抱き枕は大活躍でした。お腹が大きくなるにつれて横向き寝でも苦しい時がありましたが、抱き枕を使うとお腹への圧が軽減されるのかゆっくり眠れるようになりました。

入院中は24時間寝たきりの生活だったのですが、本を読むのに少し枕を高くしたい時などこのクッションを使って調整していました。足がむくんでいる時は足元に置いてみたり、食事の時には背もたれにしてみたり。ベットの上で体勢を変えることができるアイテムとして重宝しました!もちろん授乳の時にも大活躍してくれたので、トータルで考えるとコスパ抜群だと思います!

 

妊娠中期から切迫流産で自宅安静になり、一日中寝たきりなのでひどい腰痛に悩まされていました。いろんな抱き枕をチェックして、これがサイズ・柔らかさ共に良いかな、と思い購入。ソフトな肌触りと抱き心地で、一日中使っていても疲れません。この抱き枕のおかげで腰痛がかなり軽減されました。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

出産後授乳クッションとして買いました。産院で使用して便利だなと思ったのですが、もっと早く購入すればよかったです。妊娠中は横向きに布団を抱いていたのですが、このクッションは後ろから包み込んでくれるので安定して寝ることが出来ます。産後も長く使えます。2人目出産時には里帰り先と自身の家とで2個必要なぐらい手放せないアイテムです。(Amazonレビューより一部抜粋)

 

妻の妊娠を機に体勢が楽になればとオススメにて購入しました、値段よし、使い心地よし満足です○(Amazonレビューより一部抜粋)

 

病院から指示されるのは必要最低限の持ち物だけ!

切迫早産で入院した際、病院から指示された物以外に準備したものは下記のとおりです。

 

・ドライシャンプー
・汗ふきシート
・お風呂グッズ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディタオル、ドライヤー)
・うがい用のコップ
・使い捨てのスプーンやフォーク
・ストロー
・爪切り、綿棒
・箱ティッシュ
・ウェットティッシュ
・授乳クッション
・耳栓
・アイマスク
・ファブリックミスト
・スリッパ
・くつ下
・タオル
・吸水ナプキン
・ビニール袋(洗濯物を入れたり、ゴミをいれたりと大活躍)

 

けっこうたくさんありますね……

病院から指示される持ち物はあくまで「必要最低限」の持ち物だと理解しておきましょう!

私も実際に入院してみて、「これが足りない!」と思いつくものが多く、その度にメモして旦那さんや実家の母に届けてもらっていました。もう少し事前準備できたら、と今では思いますが入院という事態にアタフタしており必要なものまで考える余裕はありませんでした。

この「必要なものリスト」が切迫早産の方のお役に立てば嬉しいです!

 

sayappie
sayappie

ご紹介した便利アイテムは出産後も長く使えるものばかり!そう考えるとコスパも◎!!

リラックス=安静!入院生活を快適に過ごすために

 

私は二度の出産とも切迫早産で入院をしていますが、ストレスもたまりメンタルも不安定になりがちでした。

1回目が2週間、2回目が4週間の入院。切迫早産の入院では長いほうではないのかもしれませんが、それでも少しのことで悲しくなったりイライラしたり、涙が止まらなくなることも。

「このままだとお腹によくないのでは?」と思い、少しでも入院生活を快適に過ごせるよう色々アイテムを揃えてみました。自分の好きな物やお気に入りの香りが近くにあることで、気持ちがリラックスして気分が落ち着いていくのを感じました。

リラックスすることが一番の安静。思うように動けない入院生活だからこそ、自分が快適に過ごせるアイテムや便利グッズの力を借りて乗り切りましょう! 先に切迫早産と入院を経験した者として、今入院中の方にエールを送るべく体験談や役に立ったものをこれからも綴っていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました